しろくまBL部

腐女子のBL覚書

God of BL

『気まぐれなジャガー4』(作者:ウノハナ)

「おかえり」伝説的バンド・Pegの天才ギタリストとして快進撃を続ける椎名に訪れた「突発性難聴」という試練。さらに、恋人である新との情事にかまけている間、疎かにしていた家族の苦悩も知ることになり…再びの別離を選ぶ椎名と新。「行くな、ギターが弾…

『気まぐれなジャガー3』(作者:ウノハナ)

「いつだって、こいつのギターで生き返る」切なすぎる別離を経て、劣等感や嫉妬すら飲み込む強い愛情と絆で繋がった新と椎名。東京での同棲生活にも慣れた頃、椎名のギターの評判を聞きつけてふたりの前に現れたのは…?大人の男たちの複雑で官能的な恋、物語…

『気まぐれなジャガー2』(作者:ウノハナ)

「お前を忘れられる日なんて、きっと来ない」10数年来の熱々な恋人同士である音楽雑誌編集者の新と天才ギタリスト(現在休業中)の椎名。彼らにはかつて、強く惹かれ合いながらも別離を選んだ過去があった。新18歳、椎名16歳。ずば抜けた才能を心底愛しながら…

『気まぐれなジャガー1』(作者:ウノハナ)

「椎名(しいな)なら俺の隣で寝てるぜ」音楽雑誌の編集者である新(あらた)の元に、3ヶ月ぶりに椎名が帰って来た。天才ギタリストだが、日本の音楽業界からは半ば引退同然の身。しかし本人は一向に気にせず、自由奔放に国内外を行き来し、長い付き合いの恋人…

『山田と少年』(作者:三田織)

クリスマスの夜、仕事帰りの山田(26)は、泣きながら酔っ払っている男子高校生・千尋(ちひろ)を拾う。彼は、同性に惹かれてしまうことを悩む少年だった…。ノンケの社会人と、ゲイの高校生。偶然出会った二人が性別を超え少しずつ心の距離を縮めていく物語。 …

『ワンルームエンジェル』(作者:はらだ)

人生の光と闇を紡ぐ、はらだ史上、最も優しい物語。趣味なし、友人なし、恋人なし。生きる価値、なし。惰性で毎日を送っていたコンビニ店員の幸紀(こうき)は、うっかりチンピラに刺され瀕死になった折、遠のく意識のなかで、真っ白い羽の美しい「天使」を見…

『ワリキリ』(作者:中川カネ子)

仕事で疲れきった柊(しゅう)は、ゲイのマッチングアプリでセッ〇スの相手を探していた。条件は3つ。(1)完全ワリキリ(2)無駄話無し(3)後腐れなく一方、女の子との恋愛に違和感が消えなかった高校生の行哉(ゆきや)は、試しに男としてみることに。一回きり…

『ブルースカイコンプレックス』(作者:市川けい)

古びた本のにおいに混ざる清潔で清廉なシャンプーの香り。かるく目眩がした、放課後ーー。「静かに本を読める場所が欲しい」と願っていた楢崎(ならさき)は、ひょんなことから学内で有名な素行不良の生徒・寺島(てらしま)のお目付け役に抜擢され、二人きりで…

『NightS』(作者:ヨネダコウ)

「今一瞬、アンタにむしゃぶりつきたくなった」運び屋の唐島(からしま)は、どこか秘密めいていて色気のあるヤクザ・穂積(ほづみ)の仕事を引き受ける。惚れて、探って、騙して、裏切られ…。はぐらかされた本心はいつも見えないまま。黒社会の駆け引きと大人の…

『僕らの食卓』(作者:三田織)

会社員の豊(ゆたか)は、誰かと食事をするのが苦手。しかし、昼食をとろうとしていた公園で出会った兄弟、穣(みのる)と種(たね)になぜか「おにぎりの作り方」を教えることに。以来、彼らと一緒に食事をすることが増えた豊。いつしか、みんなでご飯を食べるの…

『囀る鳥は羽ばたかない7』(作者:ヨネダコウ)

平田との抗争終結から四年。矢代は組を離れ、闇カジノの金主として稼いでいる。カジノには時折、三角が訪れ、そろそろ真誠会に戻るようせっつかれていた。一方、矢代から捨てられた百目鬼は、真誠会と良好な関係を結ぶ三和会系桜一家(さんわかいけい さくら…

『囀る鳥は羽ばたかない6』(作者:ヨネダコウ)

これまで守り通してきた一線を、ついに越えてしまった矢代と百目鬼。百目鬼は矢代がかけがえのない存在であることを、矢代は百目鬼への感情の正体と、自らをかたちづくる矛盾の正体に直面する。大切だから、離れない。大切だから、手離す。平田との抗争が切…

『囀る鳥は羽ばたかない5』(作者:ヨネダコウ)

抗争の最中、真誠会若頭の矢代はと百目鬼の部屋で向かい合っていた。百目鬼への想いから目を逸らしていた矢代。矢代を守りたいと思っていた百目鬼。ふたりは互いに強く意識しつつも、これまで一線を越えないよう気持ちを堰き止めていた。けれど、追いつめら…

『囀る鳥は羽ばたかない4』(作者:ヨネダコウ)

真誠会若頭の矢代は、男好きの淫乱と噂されているが、部下とは関係を持たないと決めていた。しかし、矢代の命が狙われる抗争のなか、付き人兼用心棒の百目鬼との関係が、大きく変わりつつあった。自分の気持ちを自覚し、矢代を守ることを決意した百目鬼。守…

『囀る鳥は羽ばたかない3』(作者:ヨネダコウ)

真誠会若頭の矢代は、男なら誰でもいい淫乱と噂される男だったが、部下には出を出さないと決めていた。けれど、付き人兼用心棒の百目鬼だけは例外だった。性的に不能で感情を見せない百目鬼の存在は、何をしても性的対象として見られることのない安心できる…

『囀る鳥は羽ばたかない2』(作者:ヨネダコウ)

真誠会若頭で真誠興業の社長である矢代は、ドMで変態、そして淫乱だ。元警察官で付き人兼用心棒の百目鬼は、矢代を綺麗と言ってはばからず、心酔している。だが、矢代が昔から想いを寄せる影山と、その恋人久我の存在を知ると、次第に百目鬼の矢代への想い…

『囀る鳥は羽ばたかない1』(作者:ヨネダコウ)

真誠会若頭(しんせいかい わかがしら)であり、真誠興業の社長である矢代(やしろ)。金儲けが上手で、極道としての嗅覚と才能には恵まれているが、とにかくドMでド変態でド淫乱で、抱かれた男は数知れず…。そんな矢代のもとに、百目鬼力(どうめきちから)が付…

『それでも、やさしい恋をする』(作者:ヨネダコウ)

出口晴海(でぐちはるみ)が好きになったのは、小野田良(おのだりょう)。三歳年下のストレート。気がつくと、好きになっていた。友達でいい。そう思っていたのに、どんどん好きになっていった。素直になれなくて、不安になって、ささいなことに幸せを感じて、…

『どうしても触れたくない』(作者:ヨネダコウ)

「なんか変なコトしたくなるよ、お前…」新しい職場に初めて出社した日、嶋(しま)はエレベーターで二日酔いの男と一緒になる。それが新しい上司・外川(とがわ)との出会いだった。無遠慮で図々しいように見えて、気遣いを忘れない外川に惹かれる嶋だが、傷つい…

『オールドファッションカップケーキwithカプチーノ』(作者:佐岸左岸)

結婚してって、言ったよね俺。付き合いはじめた野末(のずえ)と外川(とがわ)。いっしょに過ごす日々。年下彼氏が可愛くてたまらない野末は、無自覚に愛しさをふりまいている。そんな野末に満塁場外ホームランを打たれまくりで嬉しい外川。ある日、同僚・柿谷(…

『オールドファッションカップケーキ』(作者:佐岸左岸)

寝て、起きて、仕事をするーそれだけの毎日、それだけを好きで選んでいる自分に最近少し憂鬱な39歳・野末(のずえ)。ちょっと不愛想だけど信頼厚い部下29歳・外川(とがわ)は、そんな野末が気になる。ひょんなことから、女子で賑わうパンケーキのお店に2人で行…

『blanc』(作者:中村明日美子)

『blanc #0』『blanc #1』『blanc #2』の順番。 タイトル通り、真っ白な純白の表紙。(ぬり絵厳禁!) 読みたい!、けど終わっちゃうから読みたくない!のせめぎ合いの中、 とうとう読みました。 つらかったぁ……。 2人のすれ違いもつらかったし、特に佐条の弱…

『卒業生』『空と原』『O.B.』(作者:中村明日美子)

同級生シリーズ。 『卒業生・冬』『卒業生・春』『空と原』『O.B.1』『O.B.2』の順番。 同級生を読んだなら、その後の佐条と光を見たくなるのは必然です。 (お金のことなんて二の次、まとめ買いまとめ買い!) 『卒業生・冬~春』大学受験を控えた佐条…

『同級生』(作者:中村明日美子)

合唱祭前の音楽の授業中、同級生でメガネの優等生・佐条利人(さじょうりひと)が歌っていないことに気付いた草壁光(くさかべひかる)。佐条は歌なんかくだらないのかと思っていたが、ある日の放課後、誰もいない教室でひたむきに歌の練習をする彼の後ろ姿を目…

『ジェラシー5』(作者:スカーレット・ベリ子)

大切な者たちをさらった松見を追いつめた明虎。幼い頃からの長い兄弟の確執についに終止符が打たれる。一方「家族」になれず、居場所を失った卯一は、明虎との切ない最後の夜を過ごした。そして27年の時が流れ、お互いに歳を重ねた二つの魂は再び巡り合う。…

『ジェラシー4』(作者:スカーレット・ベリ子)

「僕は家族じゃない…?」自分の言葉に耳を貸そうとしない明虎の態度に行き場を失った卯一は、松見の元を訪れる。その卯一が明虎の唯一の弱点だと見抜いた松見は、彼を拉致し外国人を使って蹂躙を繰り返す。そんな中、父である二代目が突然の自決。最愛の人の…

『ジェラシー3』(作者:スカーレット・ベリ子)

株の売買で成功し、明虎の信頼を高めていく櫓木に対し、幼馴染の浅生田はこみ上げる黒い感情を抑えきれない。そんなある日、原因不明の発注ミスによって櫓木は多額の借金を負う…。 3巻は浅生田さんが表紙。いいですね、凛々しいです(^^) 浅生田さんの背中に…

『ジェラシー2』(作者:スカーレット・ベリ子)

自分の吐いた嘘のせいで半田(はんだ)は殺され、明虎(あきとら)は深い傷を負った…。なのに反省の色をみせない櫓木(ろぎ)に浅生田(あそだ)は憤る。櫓木は転がり込んだ組のマンションで傷だらけの明虎と激しく求めあうが、そこにやってきたのは赤ん坊を背負った…

『ジェラシー1』(作者:スカーレット・ベリ子)

小説家の愛人として暮らしていた櫓木卯一(ろぎういち)は、借金の取り立てにきたヤクザと出会う。その男・大和明虎(おおやまとあきとら)に惹かれ、あらゆる手を使って近づこうとする卯一。だが気持ちが逸った卯一がうっかり明虎の組の名を騙ったことで事態は…

『四代目・大和辰之』(作者:スカーレット・ベリ子)

関東中心に勢力を広げる一大ヤクザ組織・大和会(おおやまとかい)。その四代目である大和辰之(おおやまとたつゆき)は、ある恋に破れ、腑抜けた生活を送っていた。見かねた若頭・浅生田(あそだ)は、そんな彼を福岡に送り、九州地区を統括させようとする。だが…