しろくまBL部

腐女子のBL覚書

『例えば雨が降ったなら』(作者:カサイウカ)

   

久我(くが)は、共同経営者に金を持ち逃げされ、ビルの屋上に立っていた。
飛び降りる勇気も出ず空腹が先にたち、しかも死ぬ前に初恋の「男」に
会いたいと思いとどまった久我は、友人の探偵の協力もあり、初恋の男・
充(みつる)のもとへ。しかしそこは、地方の場末のストリップ劇場で…。

 

最近、同じ作家の二夜連続が続いておりますが、

本日も二夜連続のカサイウカ先生です。

今作は久々に ”はぁ~いいの読んだわ~” と、

読後の満足感をしっかり味わえた作品でした。

 

おじさんBLがお得意のカサイウカ先生の本領発揮!

まさに中年オヤジの脂が乗り切った、

中年ド真ん中!中年の星!の四十五歳拗らせ男たちの物語(^^)

薄汚れてクタびれた男の ”嬉し恥ずかし初恋話” を、

いったい誰が聞きたいかい?しかも相手は女じゃない。

が、しかし、

「あらすじを読むだけで判断するべからず」を今作で学びました。

実際読んでみましたら、

まぁなんとも切ないやら哀しいやら可愛いやらですよ。

2人とも四十五のいい大人なんですけど、

心は高校生のあの頃のまま、良くも悪くも成長してない。

というか、あの頃のまま先に進めない状態でした。

 

良い大学を出て良い会社に就職して可愛い嫁と結婚して…。

この先も順風満帆な人生を送るんだと思ってた久我達彦。

その後、脱サラして友人と会社を立ち上げるも、

軌道に乗ったところで友人が会社の金を持ち逃げして蒸発。

昼夜問わず資金繰りに追われた結果、会社は倒産。

妻も家も仕事もなにもかも失った現在、

ビルの屋上でかれこれ三時間、飛び降り準備中…。

死ぬ前に駅前のカツカレーを食べようと思ったら、

手持ちの金が123円だった…。(泣きそうになりました…T^T)

 

そして久我さんは人生を振り返るんです。

何か一つでも良い思い出はなかったか?と。

一回くらいこんなおっさんにもキラキラした思い出が…?

…あぁそうだ、半田充。俺の初恋。

雨宿りをした神社。

キラキラと輝く太陽が雲間から顔を出した雨上がりの空。

2人、そっと手を繋いで見上げたあの雨上がりの空。

後にも先にも男を好きになったのはひとりだけ…。

そうだ!充に会いに行こう!

 

場末のストリップ劇場「黄金座」で働く充を見つけた久我さん。

初恋相手の充に会いたいという気持ちもあったけど、

何より久我さんは充に謝りたかったんです。

高校生のあの頃、充には ”あいつホモらしいぜ” という噂がありました。

”あいつと神社にいたけどお前もホモじゃねぇのかー(笑)” と、

友達からからかわれた久我さんは、保身のために思わず、

”いくら綺麗な顔してても、充は男だからキモチワルイ” と言いました。

偶然、後ろにいた充の耳にもその声は届いていました。

それから2人は一切の関わりを持たぬまま離れていきました。

 

いい歳したおっさんがそんな昔のことを今更…と、

突然現れた久我さんを邪険に扱う充です。

だけど、”俺の一番良い思い出が充との初恋だから” と、

清々しい顔で微笑む久我さんを無下にはできませんでした。

無職・宿無しの久我さんを、

しばらく「黄金座」のスタッフとして雇うことに。

少しずつ2人の距離が近くなりそうかな?と思えた頃に、

トラブルが起きるんですね~。

どこぞからやってきたチンピラが、

「黄金座」で踊りを披露しているストリップ嬢に悪さをするんです。

腕っぷしの強い充は、

一瞬でそのチンピラたちをボッコボコにするんですが、

悪いことにそいつらヤクザと繋がっててボスにチクったんですね。

そしたら充が拉致られてヤクザの巣窟に連れてかれるんです。

当然痛めつけられるんですけど、またまた悪いことに、

そのボスは充のことを知っていて、

”「黄金座」を守りたいならお前の身体で奉仕しろ” と言うんです。

(映画のワンシーン観てるみたいな場面でした)

 

毎日仕事終わりにいそいそと出掛けていく充を

不信に思った久我さんは後をつけます。

そして、ヤクザに抱かれる充を目の当たりにします。

ヤクザのボスがニヤニヤ笑いながら言うんです。

”お前ら2人でヤッて見せてくれよ(笑)” と。

ゆっくりと近づく久我さんは、

”やめろやめろ俺なんか抱くな!” と哀しそうな顔をして叫ぶ充に

そっとキスをしてヤクザのボスさんに言いました。

”充を大事にしたいんです。どうか店から手を引いて下さい” と。

 

会社の金を持ち逃げした友人が捕まったとの知らせがあり、

地元に戻ることになった久我さん。

そっと充を抱きしめ ”ここに帰ってきてもいいか?” と聞きます。

”帰ってくるな…俺を選ぶな……” と肩を震わせつぶやく充は、

”ずっと忘れられなかった…!!” とようやく本心を明かしてくれました。

笑顔でぎゅっと充を抱きしめる久我さんです(^^)

 

書き下ろしの『約束』で、

一時のお別れをする2人が描かれています。

「黄金座」はオーナーの取り計らいで、

例のボスからの束縛はチャラになり一安心。

”俺も早くお前の元に帰るから” と、充と約束をする久我さん。

2人は結ばれることなく再び離れることに。

カサイウカ先生もあとがきで触れておられましたが、

BL的にはこっからじゃん!ってとこで終わってますと(^^;

本当にまさにこっからじゃん!って思うんですけど、

わたしはこの終わりがめちゃくちゃ最高だなと思いました!

余韻残しまくりだけど、

この切ないけれど再び2人が抱き合える未来を思い描けるラストが

とても心地よかったです(^^)

 

そしてちゃんと続編あるんですね~。

『例えば雪が融け合うように』

これまたね、この続編があるのを知らなかったんですね~。

またもや速攻ポチリましたよ(^^)

この続編で絶対結ばれているだろう2人を見るのが楽しみです♪

 

『あとは恋だけなんだって』(作者:カサイウカ)

   

高校時代からの親友で、同居中の殿田(とのだ)と八王子(はちおうじ)。
ある日、彼女から「親友とはどんなに仲良くてもセッ〇スできない」と
男同士の友情をバカにされ、それが原因で別れてしまう。その夜、泥酔
した殿田は「オナニーと変わんないなら、ヤってみる?」という八王子に
ノセられて、勢いでセッ〇スしてしまい…!?

 

実は最初、

絵がなんだかな~どうかな~と思って買い渋っていたんです。

言葉悪いですけど、なんかジジくさい絵柄だなと。(ひでぇ…^^;)

でも、それが大正解!

あとがきでカサイウカ先生が書いておられました。

おじBLが専門だと。若者を描こうと思うが、

最終的にどうしてもおじ系に走ってしまうんだと(笑)

うん、そりゃ渋いはずです(^^)

 

しかしね、中身はとてもおもしろいんですよ。

最初のつかみがまず秀逸。

殿田と八王子、それぞれ彼女がいるんですけど、

2人同時にフラれちゃうんです。

そのフラれた理由が ”お前ら仲が良すぎる” ってこと。

デートしてても親友が家で待ってっから帰るとか、

旅行中でも ”土産何がいい?” ってその親友と長電話するし。

そんなに親友が大事なら、

”そいつとセッ〇スしろっ!” って、ほっぺビンタでフラれた2人。

で、帰ってほんとにHしちゃうんです(^^)

だぶん俺らヤれるって(^^)

 

その背景にはちょっと切ない物語があるんです。

殿田と八王子は高校生の時に出会います。

性格も正反対で気も合いそうにないと思ったのに、

意外とウマが合って、気付けば一緒に暮らす現在。

そして今では1回ヤっちまった仲に(^^;

翌朝目覚めて後悔しまくる殿田に対し、

八王子はなんともさっぱりした様子。

 

殿田は ”どうしてお前はそんな飄々としてんだ!?” と聞くんです。

そしたら ”俺、男と寝たことあるから” とさらっと打ち明けた八王子。

えっ!?と思う殿田です。

高校の頃から何をするにもずーーっと一緒で、

俺とお前の間で知らないことなんて何一つ無いと思っていた殿田は、

”お互い秘密のひとつやふたつぐらいあるだろ?” と言ってのける八王子に

ショックを隠し切れなかったんです。

俺の知らない八王子がここにいる…と思って。

今までずっと近くにいると思っていたあいつが、

本当は全然遠いところにいるんじゃ…って思って。

その日から、仕事してても休憩してても気になることは、

”八王子は俺以外の誰と寝た?”

 

片や八王子は怯えていました。

殿田のことが高校の頃から好きだった八王子は、

「好き」が殿田にバレやしないかと。

バレてしまえば友達でさえもいられなくなる。

”もっと殿田に触れたいキスしたい” そう思うけれど、

だめだいけない、抑えるんだと言い聞かせる。

 

初めてギクシャクする殿田との関係に疲れた八王子は、

言い寄ってくる職場の上司にふらりとついていってしまいます。

楽になれるんじゃないかと。

車内で八王子がキスされそうになっているところへ、

助手席開けて横からグイッと奪いキスしにやって来た殿田参上。

”帰るぞ!” と一言。

 

目をウルウルさせて頬を赤らめながら、

”好きになってごめん” と謝りまくる八王子。

(このシーンにちょっとキュンとして涙出そうになりました)

”何で(好きだと)言ってくんなかったんだ” と。

”今更お前のこと嫌いになれるわけないだろ” と言う殿田。

 

9年間も親友やって来たから、

今はまだ「好き」って照れくさくて言えないけど、

僕らはいま「恋」をしている(#^^#)

 

同時収録で『これを恋と呼べるのか』というお話も入っています。

八王子に言い寄ってきていた上司・姫島さんのお話。

年下の態度悪い若造にいいようにされちゃう姫島さん(^^)

こちらはカサイウカ先生の好きなおじ様モノです。

 

この感想を書いていて、

殿田・八王子カップルのその後が描かれている短編の存在を発見しました。

『それは愛だけなんだって』というもの。

約1年後に知ったこの事実です(^^;

さっそくポチろうと思います。


『調教彼氏』(作者:藤峰式)

  

「これはお仕置きだぞ、嬉しそうな顔をするな」
褒めて伸ばす「調教上司」が「調教彼氏」に昇格。
仕事で一度も褒めてくれない鬼上司・金岡主任のことが苦手だった藤田。
ゲイ専門の出会い系で金岡をマッチングして以降、エッチな言葉責めプレイ
でトロトロにイかされ、ベッドではいっぱい褒めてくれる上司に完堕ち。
金岡の調教テクで「褒められる」と「勃起」してしまうエロいカラダに
されてしまった藤田は、セフレ関係から恋人になったことに戸惑い、
デート中もエロいことしか考えられなくなって…。

 

正直、先日の『調教上司』感想と以下同文です(^^;

違うところは上司から彼氏に昇格したことと、

それにより、

Hが前作よりもSMっぽくなったというところでしょうか。

 

内容もこれといって特筆すべき点はないんですが、

強いて言うなら、藤田くんが転勤するということぐらいかな。

2人離れ離れになって一大事じゃん!ってなるんですけど、

読んでるとそんな不安感みたいなのは漂ってない。

ちょっと金岡さんがポーカーフェイス過ぎて、

何を思ってるのか考えが読めないところは、

藤田くんにとっては、

”好きなのは俺ばっかりか…”という思いに至って、

落ち込み要素になってましたが。

読んでるこちらとしては、

金岡さんが、転勤を経てステップアップしようとする藤田くんを

邪魔しないよう、そしてこれ以上執着しないよう、

懸命に平常心を取り繕う気持ちがよく伝わってきました。

が、結局、寂しくて会いたくて我慢ならなくなって、

藤田くんのもとへ駆け出しちゃう金岡さんでした。

で、2年後転勤から本社へ戻った藤田くんに、

”一緒に住まないか?” のプロポーズENDと相成りました。

 

前作で、

「調教」という割にはそんなハードなプレイなしと書きましたが、

今作はそこから少々ステップアップ。

実は金岡さん、SMバーでバイトをしていた過去をお持ちで、

だいたいのスキルは心得ておられます。

今作はそれが活かされているシーンがちらりほらり。

手錠をかけられ、

”チ〇コ挿入お預けの刑” をくらう藤田くんや、

M字開脚で手足を縛られ、

”恥ずかしいとこ丸見えだぞの刑”をくらう藤田くんや、

チ〇コの根元を縛られ、

”まだ射精したらダメだぞの刑” をくらう藤田くんや、

諸々で気持ち良くなり過ぎてお漏らししちゃった藤田くんなどなど。

前作にはなかったやや重厚なプレイが垣間見れました。

 

そして、なんと続・続編があるんですー。

タイトルは『調教性活』です(笑)

どうしようかな~と迷っていてまだ未購入です(^^;

「性活」とありますのでエロいことには間違いないでしょう。

2人の新たな性活が見られるのでしょうね~。

うーむ…迷うところです(^^)


『調教上司』(作者:藤峰式)

   

セッ〇スだけ優しいなんて反則だ…!仕事で一度も褒めてくれない鬼上司・
金岡(かなおか)主任が苦手な藤田。今日も冷たく怒られた憂さ晴らしに、
ゲイ専門の出会い系でバリタチの男を漁っていると、なんと、その金岡と
マッチングしてしまう!そのままヤる流れになるも、仕事中とは違って、
優しい言葉責めプレイにトロトロにイかされた藤田は、ベッドではいっぱい
褒めてくれる上司に完堕ち。金岡の調教テクで「褒められる」と「勃起」
してしまうエロいカラダにされてしまった藤田は?

 

タイトルに「調教」と付いてるので、

もっとこうビシッバシッ!の調教モノかなと思ってたら、

全~然違って、ものすごい優しい調教でした。

あとがきで藤峰式先生が書いておられますが、

雑誌に連載していた当時は、

『褒めると伸びます』というタイトルだったそうで、

単行本化するにあたって、

エッチさマシマシのタイトルにリニューアルしたそうです。

 

前のタイトルそのままズバリで、

金岡主任に褒められると勃起するようになってしまった

藤田くんの「上司に完堕ちストーリー」です。

褒めると伸びるの ”伸びる” には、

2通りの意味があるんだなとわかります。

仕事の出来が ”伸びる” っていうのとチ〇コが ”伸びる” ということ(^^)

 

今まで一度たりとも金岡さんに

”よくやった” とか ”頑張ったな” とかいう褒め言葉を

かけてもらったことがない藤田くん。

いつもムスッとして怖いし苦手な上司だと思って避けていました。

退社後、

いつものようにマッチングアプリで出会ったバリタチ男性と

ホテルで待ち合わせをしていた藤田くん。

”すまない遅くなった” と言ってやって来た男性がなんと金岡さん!

もうご存知のあるあるです(笑)

当然 ”やめましょう…帰りましょう” …という藤田くんですよ。

イケ好かない上司とどうしてHできようかというもんです。

 

そしたら金岡さん、”俺は別に気にしない” とヤル気満々。

あれよあれよと藤田くんの服を脱がし乳首をイジり、

優しい手つきでお尻やチ〇コを舐め回す。

おまけにめちゃくちゃ褒める!

可愛い乳首だとか喘ぎ声がイイとか藤田のナカがすごくイイとか、

会社にいるのと別の人?と思うほど藤田くんを褒めまくる金岡さん。

”褒められてイク” ことに最高の快感を覚えた藤田くんは、

ちょっとしたことで金岡さんに褒められただけで、

会社で勃起するようになってしまいました(^^;

 

Hの最中に、

”(セッ〇スも仕事も)上手く出来たら褒めるのは当然だ”

そう言った金岡さんの言葉に何かが目覚めた藤田くん。

今まで適当にやっていた仕事に俄然やる気が湧いて、

テキパキとこなすように。残業だってやっちゃったり。

 

こういう所、ああ~わかる~って思いました(^^)

たったひと言でやる気スイッチって入るんですよね。

昔、先輩に、

”これ、こうだと思うんですが…” って何気なく言ったら、

”すごいね、よく気がついたね” って言われたことがあって、

めっっっちゃ!嬉しかったんですよね。

些細な事なんですけど、

今でも思い出すと嬉しさでニマ~とする♪

だから、出来るだけ後輩さんにも同じように、

”褒める” ことを心掛けたいなと思う今日この頃です(^^)

 

わたしと同様に嬉しさでニマ~としちゃった藤田くんは、

あんなに苦手に思っていた金岡さんを、

いつしか本気で好きになっていました。

しかし所詮マッチングアプリで出会っただけの関係。

「好き」とか「恋」とか引き合いに出したら重いだけ…。

距離を置こうとする藤田くんでしたが、

金岡さんはどうやら違いました。

”俺は好きなヤツは褒めて伸ばす主義なんだ” と(^^)

ということは…?それって…それって…!と、

ドキドキする藤田くんを、

最高に褒めちぎってトロトロにさせて、

最後は潮をふかせてイかせまくった金岡さんでした。

ごちそうさまです。

 

藤峰式先生ならではのコミカルさは、

今作では珍しく鳴りを潜めていました。

ギャグっぽさも皆無で、

いたって真面目なストーリーでございました。

Hシーンがけっこう多くて、エロ度高めが良きでございました。

そして、こちら続編がございます。

上司から彼氏に昇格の『調教彼氏』続編です。

藤峰式先生の「調教」シリーズで続いたりしたら面白いですね。


『Miracle John』(作者:中川カネ子)

  

まずいとは思うが、やめたいとは思えない異常な行為。
それは、クラブのトイレで行われる環(たまき)の「ナマAVショー」を
見ながらオナること。最初は見るだけで満足していたけれど、ある日の夜、
環とふたりっきりになったら我慢できなくなって…。

 

これ、タイトル『ミラクルジョン』なんですけど、

なぜかつい最近まで『マイケルジョン』だと思ってました。

なんでマイケル!?と思ったし、

そもそも『ミラクルジョン』って何?と思って(笑)

読み終わってもタイトルの意味合いがわかりませんでした。

主人公の名前がジョン?と思ったんですけど、

2人の名前は「環」と「杜若悠(かきつばたはるか)」で、

ジョンともマイケルともほど遠し(^^;

でも、そんな深く詮索するほど心に刺さる作品ではなかったので、

”ま、いーじゃないかタイトルなんて♪” という感じです。

なんとも偉そうな辛口感想を述べてすいません…(^^;

 

この作品、先日の『クズと噂と…』のスピンオフが収録されている

とのことで購入いたしました。『ワンモアクズ』というタイトル。

水田のセフレ的な位置付けだった火野くんが主人公。

土屋とほぼ毎日イチャコラするようになった水田にフラれた形の火野くん。

なんともクセが強くて、ほとんど火野くんのストーカーと化している

風祭(かざまつり)くんに恋人志願されてしまって、

なんとか逃れようと足掻くのですが、結局捕まって掘られるという。

 

水田&土屋カップルが見れる!と勝手に期待してしまった分、

全然出てこなかった…とシュン⤵とするの図になりました。

火野くんの新しい恋は別に興味なかった…なんて思ったり(^^;

 

そして表題作の『ミラクルジョン』です。

こちらもね、これといって心に残る感じでもなかったです(^^;

チャラい遊び人の環がクラブに行っては、

毎日色んな女の子とトイレでパコパコするんですけど、

その環の「生AVショー」を傍らで見ながら、

シコシコとオナる男がいるんです。それが金髪メガネの杜若悠。

悠の正体は実は地味っ子で、中学生の時に環に助けられてから、

大学生に至る今日までずーっと環を好きで追っかけてて、

このクラブに出入りしているのを突き止めてから、

場に馴染むように金髪ピアスにイメチェンしました。

で、もっともっと環に近づきたいという思いから、

環が女の子相手に腰を振ってるのを真後ろから眺めつつ、

自分が環にガン突きしてる妄想を描きながらオナる現在に至ります。

ヤベェ~やつです(^^;

 

環が今日ヤル予定だった女の子にフラれて、

”今日の生AVショーはなし!” と悠に告げたところ、

”それならば俺とシよう!” と悠が急にオスみを出して環にがっつきます。

おいおい…ちょっと!と思った環でしたが、

あら、案外気持ちいいじゃん♪ってなって、

結果、今までの女の子を全部捨てて悠にまっしぐら!という感じ。

 

なんやかんやと2作品とも終始ヤってました(笑)

突っ込んだり舐めたり弄ったり噛んだり。

終始エロいんですけど、

同じようなエロシーンばっかりで正直ちょっと飽きました(^^;

次に期待ということで(^^)