しろくまBL部

腐女子のBL覚書

部長のひとり言『祝・1周年!』

「1人BL部、部長兼書記のしろくまです」

 

1年前、この書き出しから始まりました「しろくまBL部」。

本日10月1日で1周年を迎えました!ヾ(≧▽≦)ノ

日記すら3日と続いたことがないのに、

よくぞ1年も続いたことです。

とりあえず自分で自分を褒めておこう(^^)

 

ブログのこよみモードというやつで、

「過去の同じ月に投稿した記事を振り返りましょう」の欄に

ようやく過去記事が載るようになりました!すごくうれしい♪

過去記事をもっと重ねられるように、

来年の今日も同じ気持ちで喜べたらうれしいなと思います。

 

さて、1年いろんなBLを読んできまして、

ようやく自分のことがわかってきました。

かなりエロが好きなこと…(笑)

どうやらMっぽいこと…(笑)

 

これまで生きてきて、

自分の性癖なんて深く考えたこともなかったし、

知ろうとも思わなかったですからね。

こうやって自分の思うことを大っぴらに声に出して、

それをしっかり理解できたことは、

自分を知る上で良い事であったと思います。

 

そして何より、そんなアホなわたくしの発言を

非難することなく、いつも温かい眼差しで見守って下さる皆さま。

本当にありがとうございますm(_ _)m

ブログを書いているだけで楽しいのに、

さらに見て下さる方がいるということの、この上ない幸福感。

うれしくてうれしくて、

日々感謝しつつ、喜びを嚙みしめております(^^)

これからも臆することなく ”チ〇コ” やら ”乳首” やら、

ガンガン声に出して行こう!と決意を新たにした次第です!

 

また来年も…というと長すぎるので、

とりあえず今年のBL本総括を楽しみにしつつ、

残り3か月の日々をぼちぼち頑張っていきましょう♪(^^)/


『お金ならあります』(作者:桜庭ちどり)

     

30歳の誕生日、デリヘルボーイに恋しました。
お金で童貞を卒業しようと、30歳の誕生日当日にデリヘルを利用した、
貯金額だけが取り柄の堅物リーマン・廣瀬慎一郎(ひろせしんいちろう)。
あらわれたのは、礼儀正しくていい匂いがする美少年「よだか」。
プロだとわかっていても、優しくて魅力的な彼に恋してしまう慎一郎だが、
よだかには後ろ暗い事情があって…。

 

ドキュメンタリーなんかで、

騙されて闇金で多額の借金こさえて…なんてやってたりするけど、

わたくしもこれまで生きてきまして、、

一度や二度、判断力が無くなった時がありました。

気持ちに余裕がなくなって、

広い視野で周りを見れなくなっちゃって、

目の前に見える物に飛びついちゃう。

オレオレ詐欺なんかも、

なんでそんなのに引っかかるの?と思うんだけど、

その時の自分の心理状態がどんなのかで、

冷静な判断が瞬時にできるかどうかあやしい…。

自分は絶対騙されないなんて確証は持てないのであります。

よって、

「即決はしない!」

「欲しいと思ったものは2,3日~1週間寝かせる!」

十数年前に、

大好きなアーティストのライブグッズを変なサイトで購入して、

数万円ぼったくられたわたくしのポリシーでございます(^^;

「お金、振込。ダメ。ゼッタイ。

 

ということで、(^^;

今作のあらすじとタイトルを見た時に、

これ絶対あかんパターンのやつでしょと思いました。

優しくしてくれて、あなただけよって言ってくれて、

いつか2人で静かに暮らそうねなんて約束して。

ある朝目覚めたら、貯めてた貯金根こそぎ持ってかれてて、

おい!コラ!俺の女たらしこみやがって!とヤクザが乗り込んでくる。

ドラマとか映画でよくありがちな、

デリヘル嬢に入れ込んで身を滅ぼす、

経理一筋・真面目にコツコツ働いてきたメガネ童貞男子が馬鹿を見るパターン。

 

リアルだったら本当に馬鹿を見て終わりなんだと思うんですが、

良かった、これはファンタジーでした(^^)

 

真面目童貞男子・慎一郎くんは30歳の誕生日に、

デリヘルボーイを買います。

友人なし恋人なし。あるのは貯金だけ。

せめて魔法使いになる前に童貞を捨てたいと。

そしてやってきた「よだか」くんは、

それはそれは礼儀正しく清潔感溢れる素直な良い子でした。

一目惚れ…。

あっという間に恋に落ちてしまいました。

毎週毎週よだかくんを指名しては、湯水のようにお金を使う慎一郎くん。

そして、よだかくんの背後に控える黒いスーツを着た男。

 

あかん!これはあかんよー!って思いましたが、

良かった、これはファンタジーでした。

よだかくんは正真正銘の良い青年で、

慎一郎くんとよだかくんは正真正銘の両想いで、

黒いスーツの男はこれといって悪さをするでもない人で。

2人で働いて、もっと良い所に引っ越して一緒に暮らそう♪

なんていう、なんとも微笑ましいハッピーエンドでした(^^)

 

デリヘル初心者の慎一郎くんの真面目ぶりに胸キュンしつつ、

童貞慎一郎くんのパオ~ンな象さんチ〇コにドキドキしつつでした♪


部長のひとり言『今はもう秋誰もいない海』

気がつけば土手に彼岸花が咲いています。

田んぼの稲穂も穂先が黄色く色づいて見えます。

もう秋なのですね。

あれだけ暑い暑いと言っていたのに、

朝晩はお布団をかけて寝ないと肌寒い。

 

季節が来たら咲く彼岸花や色づく稲穂は、

誰に教わるでもないのに、ちゃんと自分で時期を見て咲く。

他にも空のうろこ雲や赤とんぼや虫の音などなど、

自然から季節を感じ取れるこの時期、

なんだか時間がゆっくり流れているようで良い感じです(^^)

 

トワ・エ・モアの『誰もいない海』を聴きながら、

ちょっと詩人にふけっている今日この頃(笑)

 

ほんとのところは ”新米♪新米♪” と思っています。

あと ”いも・くり・なんきん♪” も。

食べ物が美味しい季節ですから(^^)/

『羊の皮を着たケモノ』(作者:九號)

     

一流企業勤めで、金も将来性もある超イケメン。
しかも出会って三ヶ月で婚約した!? 姉が連れてきた恋人の井川(いがわ)に、
内心驚愕する大学生の・大地(だいち)。外面はいいけど、家ではガサツで
我儘な姉と、欠点がなさすぎて逆に胡散臭いこの人がなぜ…!?
初めは違和感が拭えず警戒していた大地。けれど、就活や人生相談に乗って
くれる大人の男に、次第に心を奪われていき…!?
これ以上、近づいたらマズい。この人は、姉貴の婚約者だ…。

 

九號先生、やっぱり最高です!

ストーリーが練り込まれててすごくイイです!

ほんで絵もイイから、結果めちゃくちゃイイんです!(語彙力…)

ほんとに絵がきれい。好き。

 

お姉ちゃんの婚約者を好きになっちゃう弟。

えっ!?どうなんの?姉と弟の関係こじれない?と思うんだけど、

よく出来てます、ストーリーが。

お姉ちゃんの婚約者・井川さんが「羊の皮を被った狼」なのです。

自分の正体を隠した悪人だったんです。

それにまんまと騙された姉弟

打ちひしがれた姉ちゃんの仇を討つため、

弟・大地は1人で井川に立ち向かいます。

 

ところが井川は単純な悪人ではなかった。

ずる賢いバカな悪人であれば、

戦って憎んで蔑んで終わることができたのに、

根っからのワルじゃなかったがために、

羊の皮の下に、

ちらりと見える不器用な優しさを知ってしまったがために、

大地は井川を忘れるどころかどんどん好きになってしまいました。

 

大地の向こう見ずな行動にかなり胸キュンを覚えました。

無視を決め込んでいた井川もさすがに助けに入るほど、

大地の井川に対する想いは思っていた以上に強かった。

その後のシーンで、

”ちゃんと傷つけてくれないと忘れることができない”

って大地が井川に言うんです。

そしたらすごく乱暴に大地を抱くんです、井川が。

首根っこ押さえつけて。

ちらっと見えた井川の表情は、

傷つけているのにとても辛そうな顔をしてた…。

印象的なシーンで好きなところです。

 

その後、4年ほど時が経って2人は再会します。

つっけんどんな井川の性格は相変わらずですが、

大地はとても強く逞しく成長していて、

大きな愛情で井川を包み込むカッコイイ男になっていました。

これがいわゆる「ケツで抱く」ってやつだなと思いました(^^)

実際、ケツで抱くシーンが描かれてなかったのが口惜しい!

続編出たらうれしいけど、番外編とか短いのでもいいや。

両想いになった2人のイチャエロが見たいです♪

 

九號先生の作品は、

胸キュンを通り越して胸がジンジンと痛くなる。

とても切なくなるんだけど、

最後にそれが全部回収されて良い終わりを迎えるので、

読後感がすこぶるイイ!

あ~また読みたい!って思っちゃうんですよね。


『アウトサイダー・コミュニケーション』(作者:ツノナツメ)

   

不真面目な同級生とつるんでいる高校生の関(せき)は、
優等生の岩代(いわしろ)に校則違反のアルバイトをしていることが
バレてしまう。今まで一切交流がなかった岩代と言い合いになり、
振り払おうとした反動で彼を階段から落としてしまった関。
捻挫した岩代を不本意ながら手助けする中で、正反対の存在だった
二人は一緒に過ごす時間が増えていく。岩代の真面目さと素直さに
戸惑う関だったが、徐々に隣にいることに慣れていき…。

 

ヤンキーx優等生って永久不滅のベストカップルだと思います。

正反対で相容れなさそうに見えるのに、

変わったヤツだなってお互いに意識し始めたら、

もう~気になっちゃって目が離せなくなる。

で、気がついたらいつも一緒にいる(^^)

 

恋愛関係やH関係は得意だけどお勉強は苦手なヤンキー。

お勉強は得意だけどHなことにはウブな真面目ちゃん。

だいたいこれがテンプレ的だと思うのですが、

この作品の真面目ちゃん・岩代くんは、

意外とグイグイいくタイプの優等生くんで、

ヤンキーの関くんの方がそれに圧倒されてる感じでした。

 

やたら距離が近かったり、

髪や首筋に触れたり、頬や鎖骨を触ったり、

なになに!?とのけ反る関くんにガンガン手を伸ばす岩代くん。

関くんのチ〇コにも先に手を出して弄り始めましたから、

岩代くんはかなりエロに積極的な子であると見えます。

一旦、関くんに興味を持ったら、

その身もろとも欲しくなるタイプの子でした(^^)

関くんの方がウブな感じでしたね。

 

もっと胸キュンするかな~と思ったのですが、

そんな波乱な展開もなく、

さらさらあっさりと読み終わってしまいました(^^;

ちょっと物足りなかったかな?という感じでした。

 

で、ふと思ったのですが、

ヤンキーx優等生カップルで、

「ヤンキー受け」率が高い?

しっけ先生の『不屈のゾノ』でもヤンキー受けでしたし。

個人的にヤンキー受け大好きなのでうれしいですが、

そういうところも気にして読めたら楽しいなと思いました♪

 

もうちょっと早くBLに出会えていたら、

卒論『BL調べてみました』で出したかったな。(却下か…^^;)