しろくまBL部

腐女子のBL覚書

『花降るふたり』(作者:ここのつヒロ)

 f:id:sirokuma519:20220117124118j:plain   f:id:sirokuma519:20220117124146j:plain

17歳で彗星のごとく文壇デビューした水上(みなかみ)は直後、筆を折る。
秘められた真実—受賞作は盗作だったのだ。
やがて営業マンとなった水上は、同期の地味総務・加久田(かくた)に
「大ファン」だと告げられる。
何も知らず、無邪気ともいえる加久田の賛辞。
水上は自分の忌まわしい過去を愛する加久田に何の因果か惹かれてしまい、
肉体を要求していくが…。
2人のサラリーマンに降り注ぐ繊細で残酷で美しすぎるラブストーリー。

 

ここのつヒロ先生の絵が気に入りすぎて、

作家買いしてしまった第3作目「花降るふたり」。

今作も眼福、眼福♪

表紙の2人を見るだけで目が癒されます。

この作品が一番、胸がきゅっとなる物語でした。

物語の背景が春の桜の季節だったので、なんだか物悲しくなりました。

 

サラリーマンの水上は、10代の頃に出したデビュー小説が賞を取り、

今後が期待される作家となるはずでした。

しかし、これは水上にとって記憶から消し去りたい過去の遺物となっていました。

過去の物にするつもりでした、加久田が現れるまでは。

水上と同期の加久田は、水上がその作家であることをしっており、

賞を取った小説を持ち歩くほどのファンであることも判明。

 

自分の消し去りたい過去に執着する加久田に、

”あの小説は盗作だ” と告げる水上は、

”その真相をもっと知りたいなら、お前の身体を差し出せ” と言います。

そうすることで加久田が自分を見限ってくれれば良いと思っていたのです。

 

しかし、加久田は過去の水上だけでなく、

現在の水上をも優しく包んでくれました。

そんな加久田を愛し始めていることに気づいた水上は、

”お前の特別になりたい” と、加久田に告げます。

そして、”出会う前も、出会った後も、ずっと君は俺の特別な人だ” と、

答える加久田。

花降る下で、笑顔でキスを交わす2人。

 

水上が盗作したという小説は、

実は、水上のお兄さんがボツにして捨てた小説に、

水上が手を加えて完結させたものでした。

それが賞を取ってしまったがために、

お兄さんとギクシャクしてしまっていた水上ですが、

現在、ミステリー作家として大活躍するお兄さんが出した新刊本、

『春の汀にまどろむ』の中の一文で、物語の最後が締めくくられています。

「私は願う お前の頭上にたくさんの花が降り注いでいることを」

 

これぞ ”良い終わり” ってやつだなと思いました。

ふふ♪と、自然と笑顔で読み終えるエンディング。素敵でした(^^)

タイトルにもあるように、

花降るシーンがとても印象的に描かれていました。

一枚の花びらから心情が読み取れるシーンもあって良かったです。

 

ストーリーもエロも両方存分に楽しみたいわたしにとっては、

ここのつヒロ先生、良い方に出会いました。

『この犬はまだ甘い毒を知らない 1巻2巻』(作者:ここのつヒロ)

 f:id:sirokuma519:20220116211139j:plain  f:id:sirokuma519:20220116211208j:plain  f:id:sirokuma519:20220116211230j:plain

(1巻/高校生編)
故障した野球部のエース投手・松本。
手負いの「犬」になにかとお世話を強いる先輩・榊(さかき)。
三年生で一人きりの園芸部部長でもある榊に、リハビリ期間中、
気付けば飼いならされていた松本はついにレギュラー復帰できることに。
榊からは祝福とともに「世話係」解放を伝えられるが、松本は拒絶する。
なぜならば、もう何度も頭の中で榊を汚してきたからだ…。

(2巻/社会人編)
ユニフォームを脱いだ元高校球児の松本に抱かれても抱かれても、
彼を求めてしまう榊はまるで雌犬だ。
地元の名家跡取りとしての務めを全うしようと父の会社で都市開発に
奔走する榊は松本との「男同士のキス」を重要な土地の地主に目撃
されてしまう。男性しか愛せない自分、生涯をかけての仕事、そして
最愛の松本との未来…最大のピンチに榊が下した決断は…。

 

1巻、2巻に共通して言えることは…

「エモエロ」&「眼福エロ」のダブルコンボ。

本当に絵がキレイで、その上にエロ盛って来られるのでたまりません。

 

すでに、前回のデビューコミックスから絵は綺麗でしたが、

今作ではさらにグレードアップされています。

もちろん、エロ度もグレードアップ!

おまけに良い乳首なんだ~グフフ(^ω^)

 

ケガをした野球部のエース・まっつん(松本)を、

ワンコのように手懐ける榊先輩。

一見、まっつんを都合の良いパシりに使っているように見えますが、

早くケガから復帰しようと焦るまっつんの気持ちを落ち着かせるため、

わざと息抜きみたいにパシらせます。ゆっくりやりなよ♪って(^^)

こんなに優しく気づかう榊先輩にホレないわけがなかろう。

大人しい従順ワンコだったまっつんは、チラリと牙を見せ始めます。

”俺の気持ち甘く見過ぎてますよ” と言って、榊先輩に仕返しを開始。

こっからの流れがエロいエロい♪ (大好きだ!)

榊先輩の腕を縛って、股パッカーンと開いて、モノをしゃぶりつつ乳首攻め。

気持ち良すぎて昇天しちゃった榊先輩(^^;

この時の榊先輩のエロ綺麗さたるや! (大好きだ!)

 

そこから6年後の第2巻。

お互い社会人になって仕事に勤しむ2人。

まっつんは榊さんに見合う男になろうとがんばります。

榊さんも父親の会社で外回りをしてがんばりますが、

意固地なお爺さんに嫌味を言われる日々です。

 

そんな2人が唯一ありのままの2人でいられる時間。

互いの境界もしがらみも全部吹っ飛んで、

ずっと繋がっていたいと思える時間。

たった2人きりになれる時間。(そう、エロくて甘い時間)

その時間が頑固爺さんによって脅かされそうになりますが、

爺さんの孫息子のピュアなハートが、

大人たちの心を立ち直らせてくれました。

 

そして、一緒に生きていく覚悟を決めた榊さんとまっつん。

”これからは遠慮しないでたくさんいじめて欲しい…” と、

股パッカーンな榊さんに対して、

”これからは調子乗っていきます” と、牙を研ぎなおしたまっつん。

エロ度MAXで、終わり良ければ総て良し(^^)

 

エロに目が行くものの、

ストーリーもちゃんと骨太で、特に2巻は読み応えありでした。

いけ好かない意固地のお爺ちゃんの存在が終始、

エロ甘くなりがちな流れを引き締めていました。

 

2巻で完結とはなっていなかったので、

もしや続編ある?と期待しつつです。

『なびかないにもほどがある』(作者:ここのつヒロ)

 f:id:sirokuma519:20220113210040j:plain    f:id:sirokuma519:20220113210106j:plain

バイトと遊びで留年危機の俺は、廃部寸前の地学部に島送りになった。
そこで、いけ好かない部長の沓間(くつま)が、顧問をオカズにオナる姿を
目撃し、興味本位で脅して何度もセックスした…。
求められれば応じるくせに絶対なびかない、クソ真面目で、一途で、
不器用すぎる沓間。気づくと俺は本気の恋におちていたのだ。
義兄弟の絶対言えない片恋事情「この花は神様にだってあげない」も収録。

 

まぁ~絵が上手!

キレイというよりもかわいい感じ。

特に2頭身の絵が かわいいかわいい♪(^^)

そして、細くて切れ長の目の描写が、

なんとなく和テイストな印象を受けます。

十二単とか平安チックな歴史モノの絵とか描かれたら、

似合いそうだなと思ったり。

 

地学部部長の沓間は、顧問の先生のことが好き。

この顧問の先生、ずんぐりむっくりのぽっちゃり体型で、

かわいい系に分類されるのかもしれんが、でも、どうして、

なぜにこやつのことを好きになったの?沓間くん…(^^;

そして、ある放課後、先生のことが好きすぎて、

先生が飲んでたマグカップをオカズにオナってるところを、

遊び人のチャラ男・蒲原(かんばら)に見られてしまった、沓間。

黙っててやるからってことでセックスを求められる日々が始まります。

 

何度も身体を重ねるうちに、

いつしか沓間に執着するようになった蒲原は、

顧問の先生が結婚すると知って落ち込む沓間に、

”俺が持ちうる優しさの全てをお前にやるから 次は俺に恋をして” と告白。

徐々に本当の蒲原の姿を知っていった沓間は、恋をしていると自覚します。

けっして美しい始まりではなかったけど、

まっすぐで熱を帯びた初めての恋をしている、と。

 

同時収録で「この花は神様にだってあげない」という物語も入ってます。

世話好き高校生の一太(いちた)と、

幼い頃、孤児となって一太の家族の元へ引き取られた康生(こうき)は、

血の繋がらない兄弟。

康生は3ヶ月だけ年上の、兄である一太に恋をしています。

甲斐甲斐しく康生の世話を焼く一太に、

悶々とした想いを積み重ねる康生。一太は俺のことどう思ってる?

 

両方の物語の中で共通して思ったことは、

両・主人公、沓間と一太の見た目が「モンチッチ」

ご存じだろうか?モンチッチ。

1974年に発売された、昭和レトロな猿のようなお人形であります。

昭和を経て、平成を越えて、令和の今でも売っているのかしら?

 

どうしてもモンチッチがチラついて、

エロを純粋に楽しめなかったなぁ~。

そこがちょっと残念でした(-"-)

『3番線のカンパネルラ』(作者:京山あつき)

f:id:sirokuma519:20220112112857j:plain   f:id:sirokuma519:20220112112920j:plain

次に深手を負ったら、致死量か?終わりの来ない、恋がしたい。
相思相愛と信じて疑わなかった彼氏に突然フラれ、
ショックで無気力ぎみな加納(かのう)。
ひとりで生きるのは無理。でも、つかの間の恋をするなんて、もっと怖い。
なのに駅で助けてくれた高校生にはときめくし、
職場の店長にもグラついてきてしまう結末…。
ただ好きな人と、ずっと一緒にいたい。
それだけのことが、どうしてこんなにも難しいのだろう?

 

哲学者ニーチェの言葉に、

”読書とは 他人の自我にたえず耳を貸さねばならぬこと” というのがあります。

『3番線のカンパネルラ』を読んだら、

この言葉が不意に思い出されました。

まぁ、どの漫画にも小説にも当てはまる言葉ですが、

今回は、作者・京山あつき先生のというよりか、

この物語の主人公・加納さんの自己意識に、

常に耳を傾けて読んだ本でした。

 

彼氏にフラれ、超・ネガティブ思考に陥ってしまっている加納さん。

ひとりでいたくない…

でも簡単にヨロめくような愛はごめんだし…

オレは男だし…ゲイだし…あーあ…

盛大にネガティブな加納さんの心の声です(^^;

 

重くなった心がちょっと体をフラつかせた、早朝の駅の3番線ホームにて、

”ダメです!” と、腰に飛びついてきた男子高校生に抱き留められた加納さん。

どうやら自殺しようとしていると勘違いされてしまったようで…。

銀河鉄道の夜』で、

いじめられっ子だったジョバンニを助けたカンパネルラのように、

その男子高校生は颯爽と現れ、加納さんを救ってくれたのです。

 

そして、そんな高校生ことカンパネルラに、

さっそくときめいちゃう加納さん。いとも簡単にヨロめく心(^^;

”別にいいじゃない!ネガティブながら毎日懸命に生きてる僕に、

高校生を愛でるぐらいの褒美をくれたっていいじゃない!”

盛大に開き直る加納さんの心の声がまたもや響き渡ります(^^;

 

失恋の傷が癒えぬまま、行きたくないなぁ…と思いながらも、

加納さんは毎朝通勤電車に乗ります。

例のカンパネルラと挨拶を交わしたり、ちょこちょこと会話したりして、

うはは♪と満面の笑みを浮かべて超ご機嫌になる加納さんの心は、

どうする?両想い?付き合う?(≧▽≦)です。

 

なのに、行きついた職場で、

ちょいちょい細かいことを注意してくる店長さんにイラっとくる加納さん。

でも、この店長さん、

なんでか知らんが、加納さんにジュースおごってくれたり、

飲みに誘ったり、一緒にメシ行こうって言ったりしてくる。

当然のごとく加納さんの心の声は、

 好かれてるの…?

そんなに距離詰められたら心揺らぎますよ…。

またもや、いとも簡単に好きになっちゃう自分のバカ!店長のバカ!

慟哭が響きます(T0T)

 

助けてくれたカンパネルラを好きになろうと、

店長と職場恋愛しようと、結局またフラれる…。

僕の何がいけなかった?何が間違っていた?

自問自答を繰り返しても答えが出なくて、

ブラックホールのように心が闇に落ちていく。

魔物になりかけている加納さんの心。

 

ただ、いつまでも見つめあって手を握りあってずっと一緒にいたい。

いつかまた悲しいこともやってくるんだろうけども、

どうか一緒に闇夜を超えてとなりにいて。

もしも「生きる」が旅のようなものなら、

僕はゆっくりのんびり旅をしていけたらなと思うんです。

銀河鉄道」に乗っているかのように宇宙空間を旅する加納さんの心。

 

まるでジェットコースターのように浮き沈む加納さんですが、

これはすべて、心の内で展開されています。

非常にやかましい心なのに、表面上は「無」なとこがすごいです。

加納さんはとてもセンシティブな心を持った人なんでしょうね。

自分がゲイだということも、

それに追い打ちをかけている要因のひとつになってる。

加納さんの行きつく終着駅が楽園であったらいいなと思いました。

 

これは漫画の中の世界観だけど、

リアルな現実世界も、とても生きにくい世の中になってる気がする。

現実逃避するわけじゃないけど、(いや、現実逃避か…^^;)

創造の世界でひたすら他人の色恋に耳を傾けてもいいじゃない!ニーチェさんよ!

リアル世界を各駅停車で進むわたしの特権じゃい!

『僕らの食卓』(作者:三田織)

f:id:sirokuma519:20220108093209j:plain   f:id:sirokuma519:20220108093314j:plain   f:id:sirokuma519:20220108093527j:plain

会社員の豊(ゆたか)は、誰かと食事をするのが苦手。
しかし、昼食をとろうとしていた公園で出会った兄弟・穣(みのる)と種(たね)に
なぜか「おにぎりの作り方」を教えることに。
以来、彼らと一緒に食事をすることが増えた豊。
いつしか、みんなでご飯を食べるのが楽しみに思えてーー。

 

かわいらしい生き物がいました。

「種くん」という名前の、それはそれは愛らしい生き物。

三田織先生に聞きたい…。

どうすれば「種くん」手に入りますか?入手方法、教えてください<(_ _)>

 

種くんはまだ4歳。

ふわふわもこもこの冬服をきて、ころころしてる♪(^^)

まだちゃんと言葉がしゃべれなくて、

おにぎりを「おぎにり」って言うし、豊のことも「ゆかた」って呼んじゃう(笑)

一緒に過ごすうちに「ゆかた」のことが大好きになっちゃって、

いつも「ゆかた」にぎゅって抱きついてる(≧▽≦)

「ゆかた」が落ち込んでると、

”たねがよしよししてあげようか?” って。(してくれ!わたしにしてくれ!)

 

豊のことを大好きになっちゃった人がもう一人。

種くんのお兄ちゃん、穣。

次に会ったら豊と何を食おうか?何をしようか?

豊を想うだけで生きてて楽しいと感じるんだ、と。(誰かを想うって素敵です♪^^)

その気持ちが勢い余って、思わず豊にキスをしてしまいます。

”豊、握手していい?これで触れるのは最後にするから…” とその想いを封印する穣。

家で落ち込む穣に種くんが声をかけます。

”「ゆかた」とケンカした?たねがいっしょにあやまってあげる…” と、

穣の背中をぎゅぅっと抱きしめます。(してくれ!わたしにしてくれ!)

 

新年、初詣に行く3人。

付き合い始めた豊と穣と、年末年始食べ過ぎておなかポンポンの種くん♪

しかし、幸せすぎる今に漠然とした不安を抱く豊。

おなかいっぱい食べて みんなでふとん並べて寝て 頭のてっぺんからつま先まであたたかい。

この「幸せ」の感覚。

いつか失う日がくるのなら痛みの少ないうちに、今、離れたほうが…。

 

得体の知れない不安な気持ちを、豊は穣と種くんのお父さんに打ち明けます。

大切な人、奥さん(穣と種くんのお母さん)を先に亡くしていたお父さんは言います。

”誰かを愛するということは 失う時の痛みも引き受けるということ”

”その痛みは愛した証 この痛みを味わえることが幸せなんだ” 

”だから大丈夫 別れの時は思いっ切り痛がろうぜ”と。(お父さん…素敵ですT^T)

 

気持ちすっきりの豊は穣に言います。

”これからも一緒にいよう 一緒にごはん食べよう ずっと一緒に生きよう” と。

は~い!って無邪気に種くんがお返事をして「おしまい♪」←種くんのクレヨンの字(≧▽≦)

『Life 線上の僕ら』(作者:常倉三矢)

f:id:sirokuma519:20220105143210j:plain  f:id:sirokuma519:20220105143238j:plain  f:id:sirokuma519:20220105143616j:plain

下校途中の一人遊び「白線ゲーム」で偶然出会った生真面目な伊東と無邪気な西。
恋に落ち、「白線の上だけの逢瀬」にもどかしさを覚えた伊東は咄嗟に西へキスして
しまって…。高校生から大学生、そして大人へーー変わらない想いと、変わりゆく
現実の狭間で愛に翻弄された二人の男の人生を描いた感動の話題作。

 

高校生で白線ゲームか…(笑)

白線の上を歩いて、そこから落ちたらサメに喰われるとか、氷の剣で串刺しとか。

普通は小学生ぐらいで終わってる遊びじゃないのかい?(笑)

でも、これだからDKはかわいいのです!きゅんきゅんするのです!(^^)

 

17歳。白線の上で出会った西と伊東。

学校帰りに白線上で逢う、ほんのひとときの時間をお互い楽しみにしていました。

輝くような笑顔で ”バイバイ!” と手を振って別れる西の姿を、

いつしか好意の眼差しで見つめている自分に気がついた伊東は、

その日を境に、白線から離れます。

西は、晴れの日も雨の日も、今日は?明日は?と、

いつか来る伊東の姿を白線の上で待ち続けます。

白線を辿って伊東に逢いに行った西は、

”俺を置き去りにして 一人で勝手に外れるな!” と伊東に詰め寄ります。

 

19歳。線の上だけじゃなく、横に並んで一緒に歩くようになった西と伊東。

大学生になった2人は、

想いを確かめ合ってキスをして、さらに進んだその先へ歩き出します。

”この線がどこへ向かうのかわからなくても ふたりならきっと…” と、

淡い未来を見つめて。

 

28歳。社会人生活を送る西と伊東。

あの頃のままに輝く笑顔を向ける西と、先の見えない不安に侵食されていく伊東。

2人の未来を信じる西は、

いつか一緒にアラスカに行こうと言います。

空に線を描くオーロラを見に行こう!と。

しかし、約束はできない…と言う伊東は、

2人の未来には何もうまれない…と、不毛な関係を終わりにします。

 

線が途切れた2人。。。

夜の街をふらふらと彷徨う西と、

結婚して世間一般の線の上を落ちることなく歩く伊東。

夜明け前の公園で、昇る朝日を見ながら伊東は想います。

いつもきらきらと輝く笑顔を向ける西を、誰よりも強く愛するようになっていた自分。

いつか西が世間的な価値観に気づき、自分よりも大事なものを見つけた時、

俺は西と離れることができるのか?いや、きっと壊れてしまう…。

だから、”心に蓋をした これ以上深く愛してはいけない" 。

しかし、きらきらと光る朝日が蓋をした心を再び照らして…。

 

36歳。アラスカのオーロラツアーで再会した西と伊東。

一方的に2人の関係を終わらせた伊東に殴りかかる西ですが、

”愛してるからもう逃げない 二度と離さない!” と言う迷いのない伊東の言葉に、

”ずっと傍にいると約束してほしい” と言います。

”2人でいれば怖いことなんて何もない” と。

2人は再び同じ線上を歩み始めます。

 

幸せな2人の季節が巡って、69歳の春。

病に伏せっていた伊東は静かに旅立ちます。

 

82歳。出会ったあの頃のように白線の上を翔ける西。

その線の先には「天国デートスポット100選」を広げて待つ伊東の姿。

輝く笑顔で再会した2人は、空に線を描いて飛んでいきます。

 

涙が溢れて文字が打てません…(T^T)

自分で書いて自分で泣いてりゃ世話ないです(^^;

 

とめどなく溢れる涙をそのままに、この2人の生涯を見つめました。

途中、伊東ってズルいなと思ったりしました。

自分一人で怖がって西から逃げて、世間一般の安心安定を求めて結婚して。

でも、やっぱり西が好きだと気づいて、離婚して、奥さん傷つけて。

なんて自分勝手なヤツ!と思ったり。

一人置いて行かれた西の気持ち考えたか?

どの口でいまさら愛してるなんて言ってんだ!と思ったりしました。

 

だけど、あのオーロラの空の下 ”はなれない!” と言ってしっかりと抱き合う2人を見て、

号泣の涙とともに、そんなつまらない怒りも流れて消えて。。。

「病める時も健やかなる時も死がふたりを分かつまで」彼らは幸せに過ごしました。

もう、それで十分です(T∪T)

 

映画でもドラマでも本でも何でも、

死に別れてしまう類のものはあんまり好きじゃないです。

最後に悲しさが刻まれてしまって、どうしようもなく切なくなるから。。。

しかし、この『Life 線上の僕ら』は、

泣くんですが、すごい幸せな気持ちが溢れて、

また彼らの出会いから振り返って読みたくなるんです。

別れが来るとしても、あの日の白線上の彼らに会いたくなるんです。

『君の隣で揺られて』(作者:にやま)

  f:id:sirokuma519:20220101115812j:plain   f:id:sirokuma519:20220101115843j:plain   f:id:sirokuma519:20220101115913j:plain

本社から来た彼、何やらワケアリらしいよーー?
そんな噂と共に、地方営業所の総務部に移動してきた椎名(しいな)。
通勤中のトラウマから人混みを避け、早朝にバス通勤する日々だ。
ある雨の日、車通勤している開発部の丹羽(にわ)に送ってもらうことに。
ところがその車中、我慢できず発作を起こしてしまった!!
けれど、丹羽は躊躇うことなく手を差し伸べてくれた。
「不安な時は、俺が隣で支えますから」
翌朝から、丹羽は同じバスに乗ってくるようになって…!?

 

ユーミンみたく、

やさしさに包まれたなら 目に映る全てのことはメッセージ♪

やさしさが心に染みる一冊です。

 

パニック障害をかかえる椎名さんのサポートを買って出た丹羽。

ふと触れた椎名さんの手がとても冷たいことに気づいた丹羽は、

儚げで弱々しくて、いつも不安を抱える椎名さんを放っておけなかったのです。

いつも隣に座って一緒にいてくれる丹羽に ”なぜ?” と思う椎名さんですが、

丹羽の隣は心地良くて、いつしか意識するようになってしまって…。

発作が起きそうになった時、

温かい手で丹羽がぎゅっと椎名さんの手を握ってあげて、

背中を ”さすさす” してあげるシーンがとても良いです。

安心して眠ってしまう椎名さんの ”ほっ” とした気持ちが伝わります。

 

終始、丹羽のやさしさに包まれる安心・安全ストーリーです。

多幸感でいっぱいになるところは、さすが、にやま作品だなと(^^)

 

別にどうでもいいことなんですが、

丹羽がいる部署って「開発部」なんですけど、ちょっとニヤって変な笑みが…(^^;

一体、何を?(どこを?)開発しているんだい?と(笑)

一般的な部署名の設定でも良かったのに、わざわざ「開発部」って…(^^;

いやいや、勘ぐるな勘ぐるな。エロい方に勘ぐるでないよ(笑)