しろくまBL部

腐女子のBL覚書

『卒業生』『空と原』『O.B.』(作者:中村明日美子)

 f:id:sirokuma519:20211125162555j:plain   f:id:sirokuma519:20211125162456j:plain   f:id:sirokuma519:20211125162644j:plain

 f:id:sirokuma519:20211125162731j:plain   f:id:sirokuma519:20211125162758j:plain        

 

同級生シリーズ。

『卒業生・冬』『卒業生・春』『空と原』『O.B.1』『O.B.2』の順番。

同級生を読んだなら、その後の佐条と光を見たくなるのは必然です。

(お金のことなんて二の次、まとめ買いまとめ買い!)

 

『卒業生・冬~春』大学受験を控えた佐条と、バンドマンの道を突き進む光。

泣きました。素敵な2人に泣きました。

佐条と光のお互いを思いやる気持ちに心が震えました。

”好き” って気持ちはこんなにも人を優しく強くするんだなと思いました。

卒業式を迎えた2人に ”おめでとう…” と一人涙しました。(幸せになるんだよ~T^T)

 

『空と原』佐条と光の先生、通称ハラセンと新入生・空乃(そらの)の恋。

”原先生を幸せにして下さい” という読者の声で生まれた作品だそうです。

そうよね、原先生、佐条にホレてましたから、完全に当て馬でしたもんね(^^;

原先生と空乃の年令差、22才差だそうです。。。(現実世界でもあるっちゃあるからね)

 

『O.B.1+2』卒業後の佐条と光、ハラセンと空乃たちのその後のお話。

大学生活を送る佐条と、バイトをしながら音楽活動を続ける光の遠距離恋愛が続きます。

2人はもうすでに大人の階段を上った関係なんだけど、なんだかまだまだ初々しくて、

一緒にくっついているだけで、もうそれだけでこちらとしてはキュンキュンが止まらんのです!

遠距離恋愛で一緒にいられる時間が限られているから、ほんとに愛しいんですよ。

愛しくて離れがたくて。これからのことを考えると不安になって悲しくなって。

明日美子先生があとがきで、

”君がそばにいて すこしだけ心がつよくなる”

”きっと大丈夫だと つないだ手をつよくにぎる” と書いておられました。

これを見て、2人はきっとこの先も大丈夫だと思って、また一人涙しました…(T^T)

 

どんだけ泣くんだと思ったんですが、この先まだ泣いていきます。

次回、「同級生シリーズの最終巻で号泣の巻」。